カート (0)

赤ニキビにいい食べ物

··

赤ニキビを防ぐには、外側からのケアだけではなく、内側からのケアもとても大事!

今回は中医学(中国の漢方理論)の視点から「赤ニキビにいい食べ物」をご紹介していきます。是非参考にしてみてください。

漢方の視点から見た赤ニキビの原因

中医学(中国の漢方理論)では、赤ニキビは血熱(体の中に熱がこもり、血が熱を持った状態)が原因だと考えます。
血熱は食生活やストレスが原因の一つとされています。現代の日本人は心身ともにバランスを崩しやすい環境にあるため、血熱になりやすい状態と言えるでしょう。
血熱傾向になると、ほてり・のぼせ・発熱といった熱の症状や、赤みのある肌荒れ・ニキビ・吹出物・目の充血・イライラ・便秘・生理不順といった血の症状が現れ、さらに血熱は赤みのある発疹・紫斑(ししん)・出血などを引き起こす原因にもなります。

赤ニキビにいい食べ物

中医学では、赤ニキビの症状に対しては、何にも増して血熱を冷ますことが重要だと考えます。
熱を取る食材の中でも、特におすすめなのがトマトとキュウリ。
赤いニキビが多く現れる時にはトマトは1日1個、キュウリは1日2本を目安に食べるのが良いでしょう。火を通すと胃腸への負担が軽減しますので、生のまま食べるのが辛い人は火を通して食べましょう。

赤ニキビにおすすめ!「きゅうりと卵の炒め物」

調理時間15分

材料
【2人分】
きゅうり…………………………2本
卵…………………………………3個
サラダ油…………………………大さじ2
鶏がらスープの素………………小さじ1
塩…………………………………少々

COOKING

  1. 1きゅうりの表面を多めの塩(分量外)でよくこすり、5分ほど置いておく
  2. 2 きゅうりを洗い、両端を落とし、まず縦半分に切り、端から斜めに薄く切る。
  3. 3 フライパンに油をひき熱し、ときほぐした卵を入れすばやく炒め、皿へ取る。
  4. 4 同じフライパンできゅうりを強火でさっと炒め、鶏がらスープの素と塩を加える。
  5. 5 きゅうりがしんなりしたら卵を加え炒め合わせてできあがり。

注目記事

菌バランスで変わるニキビケア

ポイント①ファージと菌バランス

バクテリオファージはお肌のパトロール役。

彼らの役割は『菌バランスを整えること』。増えすぎてしまった悪玉菌を見つけると、そこに直接作用。正常な菌バランスに戻してくれます。

そんなバクテリオファージを日本で初めてアクネケアに活用したのが『イスクラファージ』です。

※無着色、無香料、アルコールフリー、ノンオイル

美容液

ポイント②菌バランスに配慮したやさしい植物処方

ニキビの原因となる皮脂や汚れを落とすにはていねいに顔を洗うことが大切。

しかし、洗いすぎると必要な皮脂や水分まで落として、肌の菌バランスが崩れる原因になってしまいます。

植物由来のせっけん素地を利用したイスクラファージ Skin Balance洗顔料は、余分な皮脂や汚れをやさしく落としつつ、キンセンカエキスなどの保湿エキスにより潤いをチャージ。

ニキビのできにくい肌へと導きます。

※無着色、無香料、弱酸性、ノンオイル、アミノ酸系洗顔料

洗顔料

まずはお試しセット
効果を実感約7日分

大人ニキビにも思春期ニキビにも
試してみてください。

約7日分

送料
無料

美容液15ml+洗顔料30ml
通常価格:3,000円(税抜)

初回限定クーポンで2,000円!