カート (0)

【アミノ酸系】乾燥肌用の洗顔料の選び方

··
この記事の内容
  • ✓乾燥肌用洗顔料を選ぶ時に注目したいポイント
  • ✓正しい乾燥ケアとは

乾燥肌はニキビをはじめとした、多くの肌荒れの要因になります。 今回は、乾燥肌用の洗顔料を選ぶために押さえておきたい2つのポイントを紹介します。

乾燥肌用洗顔料を選ぶ時に注目したいポイント

  • ・洗浄成分
  • ・保湿

洗浄成分

洗浄力の強い洗顔料で洗うと、肌に必要な水分や皮脂まで取り除いてしまうため、つっぱりの原因になります。

刺激から肌を守っている脂質がなくなると、肌が無防備になって刺激を受けやすくなります。そうなると、汚れや細菌などの影響を受けやすくなってしまうため、ニキビの原因にもなってしまいます。

こうしたトラブルを防ぐためにも、乾燥肌の方はアミノ酸系洗顔料を選ぶことをおすすめします。アミノ酸系洗顔料は素肌と同じ弱酸性。また、洗浄力や泡立ちがマイルドなので、肌をいたわりながら、しっとり感を残して洗い上げることができます。

保湿

乾燥肌には潤いを補うこともとても重要。
そのため、洗顔料を選ぶ際には、植物エキスなどの保湿成分が配合されているかにも注目するようにしましょう。

正しい乾燥ケアとは

洗顔は朝と晩の2回低刺激の洗顔料で、やさしく洗い上げることが大切です。洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシと洗顔すると必要以上に皮脂を取ってしまい肌のバリア機能を低下させてしまいます。
手で直接洗浄すると刺激が強いため、泡立てネットを用いて泡を作ってから洗うとよいでしょう。

また、洗い流すときにはシャワーを直接あてるのではなく手で優しく洗い流し、拭き取るときにはタオルでゴシゴシと強くこするのではなく優しく拭き取り、肌への刺激を抑えることが大切です。

お風呂やシャワーは38~40度程度の熱すぎないお湯で済ませるのも大切。皮脂を拭い去りすぎる長風呂にも要注意です。お湯に浸かる時間は10~15分にしましょう。
加湿器などで部屋の湿度を調整することも忘れずに。湿度60%を目安にすると良いでしょう。

注目記事

美肌フローラという新発想

ポイント①日本初!バクテリオファージ配合
新発想スキンケア

人の体内には多くの種類の微生物が存在しています。

その様子は植物が種類ごとに群がって生えている「お花畑([英] flora)」にたとえられて、『フローラ』と呼ばれます。

その『フローラ』を構成するものの1つがバクテリオファージ(ファージ)です。

※無着色、無香料、アルコールフリー、ノンオイル

美容液

ポイント②和漢植物エキス配合!
やさしく汚れをオフ

強い洗浄力は必要な水分や皮脂まで取ってしまい、お肌のつっぱりの原因にもなってしまいます。

だからこそおススメしたいのがアミノ酸系洗顔料。

洗浄力や泡立ちがマイルドなので、肌をいたわりながら、しっとり感を残して洗い上げることができます。

また、イスクラが独自に厳選したキンセンカエキスなどの和漢植物エキスを配合。 しっかりと潤いをキープします。

※無着色、無香料、弱酸性、ノンオイル、アミノ酸系洗顔料

※アレルギーテスト済み

全ての方にニキビが出来ないわけではありません。

※ノンコメドジェニックテスト済み

全ての方に皮膚トラブル・アレルギーが起こらないわけではありません。

洗顔料

まずはトライアルセット
効果実感約7日分

美肌フローラという
新発想!

約7日分

送料
無料

美容液15ml+洗顔料30ml
通常価格:3,850円(税抜)

初回限定クーポンで2,200円!